うらかわ歯科医院ロゴ

福岡市南区の歯科・歯医者・矯正歯科なら【うらかわ歯科医院】

うらかわ歯科医院ロゴ

お電話でのご予約・お問い合わせは

Tel.092-552-8588

診療時間


平 日

9:30~12:30 14:00~18:30

木曜日

9:30~13:00

土曜日

9:30~12:30 13:30~16:00

矯正歯科治療は何年かかる?大人と子供で違いはある?

大人と子供の矯正歯科治療の違い

成人矯正


成人矯正は、永久歯が生え揃ってから行う歯列矯正です。成人の場合、骨の成長が完了していることが子供の矯正治療と大きく異なります。骨の成長が完了しているため、成人の矯正治療では骨の形状を変更することが難しく、骨格面での調整は限られています。成人の歯は子供の歯に比べて硬く、骨との結合も強固です。そのため歯を移動させるのにより多くの力と時間が必要です。

小児矯正


小児矯正は、歯や顎の成長段階に合わせて治療を行います。子供の歯と顎は成長中であるため、比較的歯が移動しやすいことが特徴です。小児矯正は一期治療と二期治療に分けられます。一期治療は通常、6歳から10歳までの子供に対して行われ、顎の成長や前歯と奥歯の生え方をコントロールすることにより永久歯がきれいに並ぶスペースを確保する目的として行います。そして、永久歯が生えそろった後に二期治療として、成人矯正と同じ治療を行っていきます。

大人の矯正歯科治療の期間

カレンダーと模型

大人の矯正歯科治療の期間は、症状の重さ、歯列の状態、治療方法、患者様の協力度などによって異なります。一般的に、大人の矯正治療は2年から3年かかることがありますが、症状が軽い場合や治療が比較的簡単な場合は1年半から2年で終了することもあります。ただし、治療が複雑である場合や追加の歯科処置が必要な場合は治療期間が延びることがあります。

子供の矯正歯科治療の期間

乳歯が抜けたよ!

子供の矯正歯科治療の期間も、症状の程度や治療のタイミングによって異なります。一般的に子供の矯正歯科治療は1年から2年かかることが一般的です。しかし、症状が軽度である場合や早期治療(一期治療)を受けている場合、治療期間を短縮できることがあります。

子供の歯と顎はまだ成長段階にあるため、成長期に治療を行うことで効果的な結果を得ることができます。子供の歯は比較的柔らかく、骨との結合が弱いため歯の移動が比較的速く行えます。早期治療を行うことでより短期間で治療を終了することができます。

ただし、子供の矯正歯科治療は成長に合わせて調整が必要であり、二期治療を行う可能性もあります。二期治療で歯の位置や噛み合わせをさらに精密に調整することが可能です。

矯正歯科治療が比較的早く終わる人の特徴

歯を動かす範囲が狭い


治療が早く終わる人の特徴の一つは、歯を動かす範囲が比較的狭いことです。

歯の不正咬合や歯並びの問題が軽度であり、歯を移動させる必要が少ない場合、治療期間が短縮できます。

年齢が若い


若いうちから治療を開始することで歯と顎の成長段階を最大限に活かすことができ、治療期間を短縮できる傾向があります。

子供や思春期の患者様の場合、成長に合わせて歯を調整しやすいため治療が迅速に進行します。

抜歯をしないケース


抜歯を必要としない矯正歯科治療のケースも治療期間の短縮が可能となります。

抜歯を行う場合、歯をスペースに合わせて移動させる必要があり時間がかかりますが、抜歯をせずに治療ができる場合は治療期間が短くなる可能性があります

矯正歯科の関連記事

矯正歯科治療中の食いしばりによるリスク
矯正歯科治療中の食事について
矯正歯科治療のベストなタイミングとは?